MENU

残酷博士(秘)性感解剖拷問 解剖被害者001 28才 化粧品販売員 のぞみ

作品詳細

タイトル
残酷博士(秘)性感解剖拷問 解剖被害者001 28才 化粧品販売員 のぞみ
再生時間
116分
ジャンル
拘束, 拷問, 3P・4P, 職業色々, 単体作品, ドラッグ
女優
真白希実

何も知らずにその病院を訪れたのぞみ。そこから理不尽な診療が始まった。医者が心音を聞くと胸部を曝け出し聴診器を当てているが、いつの間にか乳首を嬲られてしまう。さらには正確な検温が可能と、四つんばいでアナルに体温計を挿入されてしまう。しまいには37.3度と熱くなったアナルに催淫媚薬が注入されてしまうのだ。治療と称して拘束され自由を奪われたのぞみの素肌の上を、男たちがまさぐり続ける。

作品レビュー


  • 適材適所

    拘束されて理不尽な診療に怯えつつも感じてしまう真白希実の反応が素晴らしい。しかも責めが長いのに中弛みせず徹底している。これも女優の反応が良いからだろう。喘ぐばかり叫ぶばかりの女優ではできない作品だ。ここまでできる美人な女優は滅多にいない。監督もカメラマンもこういう作品にもってこいな女優を上手く活かしきっている。


  • たしかに似ている

    単体デビューが加藤○いに似ているとの標題が付けられていた。そっくりですね。残酷博士とはちょっと過大広告です。趣味の問題ですが肉体を痛めつけるだけではなく、精神的に羞恥心を煽り、ああダメこの男にはかなない、と言わせ身を震わせほどの快感を感じさせる、あいさんにはそういう表情が良く似合います。肉体的な残酷を好むひとにはいいのかも。


  • 悪くないが

    嫌いではないですけどね、 こういうの。 しかし、なぜか 途中で飽きてしまう。(笑  なぜなのかな、単調なのかな。同じようなシーンが10分以上も続くと、単調さを感じて 飽きてしまう。もう ひとひねり 一工夫あるといいんですけどね。


  • いいんだけれど・・・

    内容は激しくないが、それなりに・・のぞみさんの体が見られる。そこはいいんだけれど・・。問題・・(1)目隠しがものすごく長い・・目隠しでは表情が見えないから、どう感じているのか全くわからない・・視る人のことを忘れている。(2)最後のカラミはだれてしまう。


  • スピード&パワー偏重時代への反省から生まれた作品

    ポルチオエステサロンのアレンジで、いわゆるエロ診療もの。2の方はナースを用意してたが、こっちはオッサン医師2人なので患者の警戒心は当然最初から強い。「これっておかしいんじゃないですか?」と不審がるのを強引にエロ治療を加える感じ。最初からアナルを狙っていくのは女優の特性をよく分かってる。座薬の要領で媚薬を直腸から直に吸収させるのも理に適ってる。いわゆるBABY系の作品に比べてこの作品が優れてると思うのは、道具の数をかなり絞ったこと。大量の電マとか大がかりな機材の物量作戦にすっかり食傷気味だったので、ピストンマシンを使っちゃうのではなくてバイブを人間の手で動かして責めるという、マシンではなくマンパワーへの回帰は好感度高い。マシン使っちゃうと女優も叫ぶか痙攣するかしかできないけど、この作品ではもっとじっくり責められる感覚を味わえており、細かいリアルな反応を楽しめる。セックスって早すぎると楽しめないんじゃない?という考えに共感できる人なら一見の価値あり。これも一種のスローセックスと言えるだろう。


  • 原点に戻っていました。

    babyさんらしい展開でしたね。 原点にもどり、基本的なところを見せてくれました。 真白希実さんはちょっと昭和風で、最近のコミック風の女優さんにはない味がありますね。


  • 今イチしっくりしないですね

    やっていることにはそそられますが一体何の成分の浣腸をしたのかもわからずその点がおしいです、内容的には悪くはないのでせめてもっと視聴者にここが見どころというべき箇所を設けてほしいものです

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次