MENU

僕の幼なじみのお母さん 森下美緒

作品詳細

タイトル
僕の幼なじみのお母さん 森下美緒
再生時間
87分
ジャンル
お母さん, 巨尻, 巨乳, 熟女, 単体作品, ドラマ, ハイビジョン, ぽっちゃり
女優
森下美緒

7年前、事故により両親を失った黒岩明。そんな彼に親身に寄り添ってくれたのは、幼なじみである飯島美織とその両親であった。しかし、その飯島家も昨年父親を亡くしてしまい、今や母親の杏子と美織の母娘家庭である。明はそんな彼女らの支えになる事を決意したのだった。日常が過ぎて行く中、色恋の話から美織と仲違いしてしまう明。母、杏子とその事について話す中、明は自分の思いを杏子に告げてしまう。

作品レビュー


  • こんな年上人妻に手解きされたら忘れられない!!

    森下は本当に美しい女優だ。つんと上を向いた鼻。吉田羊を思わせる。ホリの深さ、美しさは、普通の女優でもいけると思う。年上の人妻に思いを寄せる若者、告白されて前日から濡れている人妻。でもがっついていない。じっくり、若者に手ほどきしていく。キスが長い。騎乗位で人妻がキスを求める。騎乗位を上から映した映像では、少し崩れた彼女の体がかえって美しい。抜き差ししているアソコからは、愛液が溢れる。本作品は、森下のファンのための作品。素敵な人妻に憧れ、思いを遂げる若者の喜びをじっくりと描いた作品。セックスを見たいだけの人には不向き。自分は森下ファンなので、彼女が酷い目に遭う作品は好まない。そういう意味で、彼女に憧れるファンタジーに満ちた作品と考える。こんな美しい人妻と青年の頃お付き合いしたかった!!と叫びたくなる作品です。


  • 森下美緒さんの演技◎

    女子の幼馴染みの母親と関係になる設定は余りないと思います。男女の関係になるまでの脚本はしっかり描かれていますが、そのぶん絡みの時間が少ない気がしました。それ以外は文句ありません。森下美緒さんの演技はさすがの上手さです。熟れた身体もたまりません。


  • 良作だと思うよ

    願わくば、カタルシスとしての中出しが、あってほしい。男の台詞が絶妙。背徳感、罪悪感、葛藤がよく表現されている。AVドラマとして、上出来ではないかと思う。この監督は、脚本をしっかりと書ける監督なのではないかと思う。


  • 脚本演出見事、長江超える監督か

    脚本と演出が見事、照明と森下の垂れ乳を出すタイミングが絶妙で、それに続く「おばさんでごめんね」のセリフで完全にいかされた。意図してたとしたらすごい。これがFAプロの新境地か、この監督、ながえを超える才能を感じる。


  • AVと言うよりは・・・

    普通の物語ですね~美緒さんが交わる時が少しはAV的ですがそれ以外はどうも…です。それにしても美緒さんの乳輪の大きさと47歳の少し垂れた乳房は生唾ものです。

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次