MENU

羞恥に濡れた、ランジェリー。-特別編- 水戸かな

作品詳細

タイトル
羞恥に濡れた、ランジェリー。-特別編- 水戸かな
再生時間
153分
ジャンル
熟女, 単体作品, デジモ, 独占配信, 寝取り・寝取られ・NTR, ハイビジョン, 人妻・主婦, 美乳, ランジェリー
女優
水戸かな

「明日は、その下着で迎えに来てくれないか?」単身赴任の夫から送られてきた高級下着を見て、かなは困惑していた。そして家事を終えた昼下がり、鏡の前で密かに試着するかなは、久しぶりに妻ではなく女としての自分を思い出していた。それから、地味な衣服の裏に卑猥な下着を身に着けて生活を送るかなだったが、夫の友人に覗かれてしまい…。それ以来、羞恥感と背徳感に悩まされるかなは、無意識にも熱く股間を火照らせて…。

作品レビュー


  • セクシーなランジェリー姿に興奮

    かわいい顔立ちの水戸かなさま。スタイルも良いです。熟女というのは失礼と思えるくらいです。そんなかなさまがセクシーなランジェリー姿を披露するこの作品。ガーターストッキング着用というのも良いです。


  • かなさんはいつもいい。

    セクシーランジェリーをつけてのセックスに終始していましたが、何といってもかなさんの喘ぎ声がすばらしいので大好きです。阿部さんとの相性もいいようで満足できる作品でした。しかし、かなさんの貧乳だとセクシーなブラも効果は半減ですかね。不貞に溺れる役柄は最高ですが、上記の点はいただけません。


  • ストーリーにこだわり過ぎです。

    最初の絡み。うだうだして焦らされらというよりも、かったるいですね。そして何より阿部の方言が邪魔してプレイに集中できませんでした。水戸かなまでプレイ中にへんなイントネーションでしゃべったりして・・


  • 美し過ぎる女優のパンズラ挿入。最高にエロい。

    パケ写に失敗している。女優の良さを出し切れていない。ファッション誌のモデルも務まるであろう美貌。色白でスタイルもよくて、肌の綺麗さは絶品。人妻らしいエロい身体をしている。今回はランジェリーもので、露出の高いランジェリーが多いが、女優とうまくマッチしていて妖艶さが最高レベル。パンツがTバックでなくフルバックだとリアリティ感あってもっとよかったと思う。演技も抜群で、うまく貞操を守る人妻感がよく出ている。1発目:黒の透け透け下着でTバックとガーターがエロい。2発目:ネイビー地に白刺繍の下着。Tバックとベージュのガーター。色白の肌にマッチしてて激エロ。抜き所に困らない。3発目:ついにパケ写のゴールド透け透け下着着用でのプレイ。ゴージャスで過激な下着だがこの女優でうまく着こなしている。なんでも似合うのではないかと思う。


  • ランジェリー姿が素敵

    水戸さんのセクシーランジェリーはとても良かった。ただ、肝心の作品の内容はなんか普通。


  • 久々に発見

    水戸かなさん、久々に「貞淑妻」→「実はエロ妻」にピッタリの女優さんを発見した気がします。胸は大きくはないけど、太もも、臀部は張っていて、一番の好みのタイプです。エロいです。地味な服装だけど、脱いでみたら、エロい下着を付けていて、実はその行為を待っていたという設定もグッドです。とにかく、「貞淑・エロ人妻」の水戸かなさんを追いかけてみます。


  • 全然だめ、

    大根が嫌いな私にとっては問題外。単調な喘ぎだけ。演技磨いた方がいいよ。


  • すごい

    美人でスタイルよく上品。肌も綺麗、言うことなし、抜群。何故か演技力が素晴らしいちょっと抵抗があるくらい演技できる人


  • エロいランジェリーである

    犯したいとおもっている。非常にエロい雌野郎。行きまくっている時に発する、本気の喘ぎ声がたまらん。こんな雌野郎がいたらぜったにアタックしてものにして犯している。おめんこに精子をぶっかけたい。おわりomanko貴より


  • スタイルの良い女優さんですので、ランジェリーが似合います。

    スタイルの良いかなさんですが、もうちょっと胸が大きいとよいかもしれません、ランジェリーが大きかったのかな?ランジェリーももっといやらしいのを着た姿が見たかった。ちょっと声が大きいかな。


  • モザが・・・

    ランジェリーはいいのだけれど、モザイクが大きくて駄目。残念


  • 演出にセンスがない

    そもそも以前はどんな地味な下着を着けていたのかを最初に見せないから、エロランジェリーとのギャップが生まれない。下着を脱いで初めてランジェリーを身に着けるシーンも省略してしまうから、「古い下着=昔の自分」から「エロいランジェリー=新しい自分」へと生まれ変わる心理的な変化も描写できていない。新しい自分になったから今まで出来なかったことだって出来ちゃうのよという人妻の変貌が描きたいのだとしたら、この監督は演出にセンスがなさすぎる。脱がし方も雑で下手だしライティングも自然光頼みでいい加減だから、画がくすんでせっかくのランジェリーもビジュアルとして生きていない。ありがちな寝取りものを着エロでやりましたってだけの内容。ランジェリーもしょせんは安物だしね。低予算だから仕方ないんだろうけど、見ごたえはまったくなかった。


  • 「入れて・・」

    最後のChap(「不貞に溺れる情熱ランジェリー性交」)は、完堕ちした女が男によって、奔放に溺れるさまがよく表現されている。これぞ本物のSEX!を見るくらいに迫力がある。「言ってみろ、欲しいんだったら言ってみろ!」と男が淫らな言葉を投げかけ、水戸かなが「入れて?」と答える。この?は文字で表現するのは難しいが、水戸が濡れた声とイントネーションで、濡れ場で発する女の一言のエロさを見事に表現している。水戸はヨガリ声の絶叫もスゴい。本作のタイトルに「特別編」と付いている意図は不明だが、優れた演出による作品の完成度の高さ、水戸の好演は、特別の名に相応しい。舞台を地方に設定しての方言と訛りの使い方、鏡台の前に女を立たせバックから突く演出の上手さ(「(お前は突かれて)どんな顔をしてる?!」に「いやらしい・・顔、してます・・」)。水戸の、舞台女優も務まるほどの演技力が素晴らしい。余韻と、これからの展開を予想させるエンディングも完璧だ。☆六つ付けたい。


  • 高級な下着

    高級な下着を身につけた水戸かな。お顔は普通の可愛らしさだけど,ボディーは絶品。ドラマ調の内容なので,じっくり,その肉体美を見られるシーンはないけど,BWHのサイズ&バランスとも絶品の肉体美。肌も綺麗。夫の友人に,その姿を覗き見されてしまい,エッチの対象に。イラマ気味のフェラにも対応しているし,とにかく,オ○ンコを攻められ絶叫イキ。なので,こんなイキ姿をみちゃうと,男も激しく攻めたくなります。それでも,何度も何度も絶叫イキしていて,かなりのエロ強さだと感じます。この敏感さ,エロさはいいね。抜けます,水戸かな。

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次